丹波篠山の自然の恵み「丹波黒豆」専門問屋

0120-80-1312

9:00-17:00(土日祝除く)

9月11~13日まで3日間東京ビッグサイトで開催された「ビューティ&ダイエットフェア2017」に出展してきました。全国から美容と健康に関する商品が一堂に集結して盛大に開催されました。来場者は3日間で約30,000人来場された模様で当社ブースにもたくさんの美容関係や通販関係のバイヤーに来ていただき、大盛況のうちに終えることが出来ました。 関東地方でも丹波の知名度は抜群で、各バイヤーの「丹波黒豆」ブランドに対する認知度の高さには驚きま ...
黒豆ルイボスティーには、黒豆茶の効能である女性にとって必要なイソフラボンや血流を良くするアントシアニンが豊富に含まれている黒豆茶に、ルイボスティーをプラスした女性に嬉しいお茶です。 そのルイボスティーには、基礎体温を安定させる効果があり、また活性酸素を強力に除去してくれることで、排卵や卵巣の状態をバランスよく維持してくれ、子宮をフカフカにしてくれると言われています。この役割が子宮の着床効果に表れ、妊活女性に支持を得ている要因です。 ...
黒豆茶には、黒豆に含まれるアントシアニン、イソフラボン、サポニンの成分が、血管を広げて血流をよくしてくれたり、血液をサラサラにしてくれたりして、血圧を下げる効果をもたらしてくれています。これらの成分には強力な抗酸化作用があり、この抗酸化物質が血管を若返らせてくれ、血管を健康に保ってくれています。まさに、血管のアンチエイジングです。 又、アントシアニンは、毛細血管の隅々まで血行を良くする効果があるので、目にも良いと言われており、読書や勉 ...
今年6月に台湾の台北で「Taipei int’l Healthcare & Medical Cosmetology Expo」に台湾の販売代理店と一緒に出展してきました。 以前は丹波黒豆の知名度も低かったですが、今では日本への旅行で、黒豆で有名な『丹波』ブランドも知れ渡るようになってきました。健康意識に関しては、日本や香港ほどではないにしても、年々意識が高くなってきているように感じます。当社としましても、その流れに乗り遅れ ...
丹波黒豆は6月に播種し11月下旬に収穫時期を迎える、生育期間の長い農産物です。丁度8月上旬から下旬までが丹波黒豆の開花時期であり、きれいな紫色の花を咲かせます。ただ、1株あたりの結実莢数は100程度で、決して開花数からの結実莢数は高くはないようです。これは開花時期に度重なるゲリラ豪雨による湿害の影響や、猛暑による高温などの影響で結実率が悪くなることが考えられます。 仮にこの8月の暑い時期を順調に乗り切ったとしても、9月からの秋の長 ...
黒豆にはカフェインが含まれていないため、黒豆茶は妊娠中や授乳中でも安心して飲めることが出来るお茶です。アントシアニンと言われるポリフェノールの一種が黒豆の黒い皮に含まれており、これを黒豆茶として飲むことにより、血液をサラサラにする効果があります。この血流を良くして母乳の出をよくしてくれる効果が、お母さんの乳腺炎予防にもつながります。 又、黒豆茶は食物繊維が豊富なので便秘にも効果があり、産後の授乳期は便秘になりがちなお母さんには、嬉しい ...
今年も香港の「Food Expo 2017」で黒豆青汁、黒豆茶、黒豆ルイボスティーを販売をしております。アジア最大級のこのイベントでの販売も今年で5年目になり、すっかり香港でも『Yakuno』ブランドが定着してきました。今では当社製品のファンも数千人にのぼり、今現在もお客様は増え続けて年々認知度が高まって来ております。本当に有難いことです。   その香港は2016年の平均寿命が、男女とも世界一になりました。前年の2 ...
黒豆には、3大栄養素であるたんぱく質、糖質、脂質のほか、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれ、イソフラボンやサポニン、レシチンなどの大豆ならではの優れた栄養素も含まれています。 皮の部分の黒い色素には、ポリフェノールの一種、アントシアニンが含まれ、強力な抗酸化作用を発揮します。その黒豆を丸ごと焙煎し、粉砕したものが黒豆茶です。   ルイボスの茶葉には、鉄・亜鉛・カルシウム・マグネシウム・カリウムといった豊富 ...
黒豆は豆腐や納豆、味噌などの加工品の原料である大豆の品種の一つで、日本古来より栽培されています。大豆は『畑の肉』と呼ばれるほどたんぱく質が豊富です。   その大豆には無い、黒豆独自の栄養成分が黒い皮に含まれるポリフェノールの一種であるアントシアニンです。このアントシアニンには、様々な病気の原因になると言われる活性酸素の害を抑える働きがある『抗酸化作用』があり、老化防止や発がんを抑える働きなどがあります。 &n ...
健康のためには栄養補給と運動が重要になります。そして、食事ですべての栄養を摂取できれば良いのですが、特に運動をしていると栄養が足りなくなります。だからといって省エネに生きるということではなく、しっかりと栄養を摂取して、どんどん体を動かしていることによって細胞分裂が活性化します。体というのは細胞をどんどん入れ替えていかなければさび付いていくので、筋トレや有酸素運動で体を鍛えて、そのための栄養を摂取するということになります。栄養は五大栄養素 ...
  • 毎朝たったのコップ一杯で丹波の黒豆×有機大麦若葉 栄養まるごとおいしい快適生活
  • 黒豆のチカラを毎日の活力に 極限まで引き出す至福の一杯
  • 有名雑誌でも紹介 美と健康をおいしくサポート 女性にうれしいミネラルたっぷり。丹波の黒豆×有機ルイボスティー