丹波篠山の自然の恵み「丹波黒豆」専門問屋

0120-80-1312

9:00-17:00(土日祝除く)

黒豆茶の美味しい入れ方は、熱いお茶と冷たいお茶で変わってきます。熱いお茶で黒豆茶での入れ方は、急須に黒豆茶を大さじ1杯程度を入れて、 沸騰させたお湯を急須に注ぎ入れます。約1分置いて蒸らしてから湯呑みやマグカップに入れて飲みましょう。2杯目は蒸らす時間を少し長くすると風味が出ます。蒸らす時間を調節して、好みの味に調節することができます。冷たくして黒豆茶を飲む入れ方は、熱いお茶と同じように大さじ1杯程度の黒豆茶を急須に入れてお湯を注ぎ、ピッチャーなどに入れ替えて冷めるのを待ち、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしてから飲みます。

 

他の方法として、カップに氷を入れておき、熱い黒豆茶を注ぐことで急速に冷やすと風味が損なわれず美味しく飲めます。さらに気軽に黒豆茶を飲みたい時に便利なのが、パック入りです。煮出しもお湯出しも可能なパックは、手軽に作ることができて熱いお茶でも冷たいお茶でも、どちらも美味しく飲むことができます。忙しい朝や仕事の休憩時間、帰宅後のリラックスしたひと時など、いつでもどこでも黒豆茶をすぐに楽しめます。パックの場合の入れ方は、沸騰させたお湯1リットルに対し1パックの黒豆茶を入れて、細火で4分から5分煮出します。

 

ヤカンや電気ポットに入れておけば、そのまま熱いお茶をすぐに飲むことができて便利です。気温が高い夏場は、冷蔵庫で冷やして常備できるので、季節やシーンを問わず風味豊かな黒豆茶を飲めるのが魅力です。

  • 毎朝たったのコップ一杯で丹波の黒豆×有機大麦若葉 栄養まるごとおいしい快適生活
  • 黒豆のチカラを毎日の活力に 極限まで引き出す至福の一杯
  • 有名雑誌でも紹介 美と健康をおいしくサポート 女性にうれしいミネラルたっぷり。丹波の黒豆×有機ルイボスティー