丹波篠山の自然の恵み「丹波黒豆」専門問屋

0120-80-1312

9:00-17:00(土日祝除く)

兵庫県の篠山市周辺や京都府の京丹波町周辺の山間部で育てられた黒豆が、丹波の黒豆と呼ばれて珍重されています。この名をかたれるのは、この土地で生産されたもののみです。江戸時代はその土地その土地の特産物を作ることに各藩が尽力した時期でもあり、丹波の黒豆も江戸時代から作られました。将軍へも献上され、全国的にも名が知れ渡っていました。ブランドとして古くから確立しています。

 

一般的な黒豆と比べ、特に粒が大きく味も濃く、色合いや光沢に品があります。この特徴は、夏場に昼間の温度と湿度が高く、夜になるとしっかり冷え込み、雨の量も適度である丹波地方だからこそできるものだといわれています。収穫時期は10月です。主に第1週目から4週目で収穫してしまいます。普通の黒豆は花が咲いてから70日程度で収穫できます。

 

しかし丹波の黒豆の場合、100日ほどかかっています。成熟までの期間が長いことも、味の違いや大きさ、見た目の美しさに反映しているといわれています。種をまいてから収穫時期まで時間がかかれば、それだけ手間もかかります。これは価格の違いになって現れます。一般的な黒豆は、よいとされているものでも1キロ当たり1000円から1500円程度で売られています。丹波の黒豆は4000円程度です。かなり高価になります。それでも毎年収穫時期を待って購入する人が多く、品薄です。収穫時期を知っていると、早めにアクションを起こせるので、買いそびれるリスクも軽減します。

  • 毎朝たったのコップ一杯で丹波の黒豆×有機大麦若葉 栄養まるごとおいしい快適生活
  • 黒豆のチカラを毎日の活力に 極限まで引き出す至福の一杯
  • 有名雑誌でも紹介 美と健康をおいしくサポート 女性にうれしいミネラルたっぷり。丹波の黒豆×有機ルイボスティー