丹波篠山の自然の恵み「丹波黒豆」専門問屋

0120-80-1312

9:00-17:00(土日祝除く)

多かれ少なかれ食べ物にはプリン体が含まれています。その中でも特に多く含まれるものが痛風によくはないといわれている食べ物になります。すぐ浮かぶものに、たこやいか、あんきも、白子、レバーなどが挙げられます。こういったプリン体は、身体で代謝されるときに尿酸を作り出してしまいます。これがうまく排泄されずに体内にたまると、痛風などの原因となります。ですからプリン体を多く含む食品を摂取すると、それだけ作られる尿酸と排泄のバランスが取れなくなってしまう可能性が大きくなるのです。

 

豆製品は痛風を改善するのに有効だといわれ、中でも黒豆はアントシアニンも多く含み、特に役立つとされています。これだけ聞くとプリン体も少ないのではと想像してしまいますが、実は案外プリン体を多く含む食品なのです。近頃、痛風の改善に、食べ物の制限を昔ほど言わない傾向にあるといわれています。それは食物から摂取するプリン体からの尿酸生成よりも、自分の体で作り出しているプリン体からの尿酸のほうが多いということが分かってきたからだとのことです。

 

そして黒豆はアルカリ化の作用があり、尿がアルカリ性になると尿酸は排泄されやすくなります。これは大豆製品全般で言えることですが、特に黒豆はそういった作用が大きいとされています。プリン体の含有量としては食物の中で決して少ない方ではないにもかかわらず、改善に役立つとされるのはそのためです。過剰摂取は体に負担がかかりますが、改善のために避けるのはマイナス。バランスよく摂取することが大切です。

 

  • 毎朝たったのコップ一杯で丹波の黒豆×有機大麦若葉 栄養まるごとおいしい快適生活
  • 黒豆のチカラを毎日の活力に 極限まで引き出す至福の一杯
  • 有名雑誌でも紹介 美と健康をおいしくサポート 女性にうれしいミネラルたっぷり。丹波の黒豆×有機ルイボスティー