丹波篠山の自然の恵み「丹波黒豆」専門問屋

0120-80-1312

9:00-17:00(土日祝除く)

黒豆を煮るのは難しいと一般的に言われています。失敗すると黒豆の表面にしわが寄ってしまったり、黒色に艶がなかったり、色抜けしたり、また固く仕上がったりするものです。そのため、お正月のおせちは自分で作るような家庭でも、黒豆だけは専門店から購入するといった人も少なくありません。

 

また黒豆を上手く煮ることができる人は料理上手だと判断される傾向は、今も昔もあります。上手な煮豆を作るために、錆びた釘と重曹を使うとよいとされています。黒豆300gに対して砂糖を250g、醤油を50㏄、塩少々、重曹少々、さび釘を用意し、水10カップに、黒豆以外の材料を入れて煮ます。錆び釘はガーゼなどに包んで入れましょう。煮立ったら一旦火を消し、洗った黒豆を入れて、一晩寝かせます。錆び釘を入れる理由は、この鉄分で黒豆のタンニンを定着させて艶のある黒色に仕上げるため。

 

重曹を入れる理由は、その炭酸の作用で柔らかく煮えるようにするためです。一晩寝かせてから、弱火で煮ます。灰汁はこまめに取り除きます。8時間程度にて、豆が煮汁にしっかり浸っているところで火を止めて終わりです。しっかりと浸るところで火を止める理由は、空気に触れないようにして煮汁に長く浸からせておくと、艶が増すからです。 こういった理由を知ることで、難しいといわれている黒豆も、上手に仕上げることができるものです。砂糖と一緒に水あめを使う人も多く、それもまた艶を出すために行っています。

  • 毎朝たったのコップ一杯で丹波の黒豆×有機大麦若葉 栄養まるごとおいしい快適生活
  • 黒豆のチカラを毎日の活力に 極限まで引き出す至福の一杯
  • 有名雑誌でも紹介 美と健康をおいしくサポート 女性にうれしいミネラルたっぷり。丹波の黒豆×有機ルイボスティー