丹波篠山の自然の恵み「丹波黒豆」専門問屋

0120-80-1312

9:00-17:00(土日祝除く)

青汁の商品には高い値段の商品もあれば、安いタイプもあります。それぞれのメーカーによる違いもありますが、値段の違いに関しては、いくつかの理由が関わっています。値段の違いはそれだけ、何に費用をかけているかの違いでもあります。青汁にはそれぞれの商品に、価格の差が生じることは否めません。

 

青汁に含まれている原材料、この値段自体にも差があります。原材料の野菜が完全国産を使用している商品は、それだけ価格も高くなります。外国で生産された野菜を使用している場合は、それだけ価格を安くすることができます。消費者側からしたら、何よりも安全性を重視しますし、その信頼としては、国産の野菜を使っていることです。

 

原材料にはいくつかの種類がありますが、明日葉や桑の葉、それにケールや大麦若葉、こうした葉物野菜をメインに採用しています。ほかにも野菜を含みますが、いずれも栽培をする必要がありますし、そのためには農薬なども使います。農薬を使わないと、健康と安心が手に入りますが、育てる側としては手間暇がかかり、費用が高くつきます。

 

農薬を付けば手間がかからず、その青汁も安価な費用になります。徹底して農薬を使わない、手をかけて育てた野菜を使用した青汁は、原材料の費用も上がるので、それだけ高くなります。

 

青汁商品は多くのメーカーからの販売が有り、広告を出しているメーカーほど、商品自体に広告費を上乗せします。宣伝をあまりしないで、口コミで広げる商品は、それだけ商品を安くすることができます。

  • 毎朝たったのコップ一杯で丹波の黒豆×有機大麦若葉 栄養まるごとおいしい快適生活
  • 黒豆のチカラを毎日の活力に 極限まで引き出す至福の一杯
  • 有名雑誌でも紹介 美と健康をおいしくサポート 女性にうれしいミネラルたっぷり。丹波の黒豆×有機ルイボスティー