丹波篠山の自然の恵み「丹波黒豆」専門問屋

0120-80-1312

9:00-17:00(土日祝除く)

青汁はホットで飲んで、栄養成分を行き渡らせると耳にしたら、これまでの常識を覆すような感覚です。冷たい水で溶かして飲むこともできますが、人間の体は冷たいものを飲むと、内側から冷えてしまいます。人間の健康状態を考えると、冷たい飲み物をたくさん飲むのは、健康上にも良いことはありません。体はなるべく冷やさないこと、これは健康を維持するための重要な注意点の一つであり、普段口にするものも、ドリンクであっても、冷たいものは控えることです。

 

だから青汁を飲む時にも、キンキンに冷えている水と一緒ではなく、ホットドリンクで飲んだほうが、栄養成分が体に伝わりやすくなります。人間の栄養は全て血液で全身に運ばれていますし、血流をよくするためには、体が温かいことも条件になります。人の体が冷えてしまうと、血液の流れが悪くなり、栄養も全身の末端までは届きにくくなります。冷え性に悩む人の多くは、実は冷たい食べ物や飲み物が大好きであり、口にするものの温度も関わっています。

 

冷え性を解消するには、いつも飲んでいるものを、ホットドリンクに変えることから始めることです。青汁は冷えた水ではなく、人肌ほどの白湯とよく混ぜて飲むようにします。すると血流は暖かさでよくなりますし、体内へ入れた青汁の栄養成分は、隅々にまで届きやすくなります。ホットで飲む時には、糖分の多いドリンクと一緒ではなく、最もよいのは白湯です。豆乳やミルクと混ぜるときにも、温めて飲むといいでしょう。

  • 毎朝たったのコップ一杯で丹波の黒豆×有機大麦若葉 栄養まるごとおいしい快適生活
  • 黒豆のチカラを毎日の活力に 極限まで引き出す至福の一杯
  • 有名雑誌でも紹介 美と健康をおいしくサポート 女性にうれしいミネラルたっぷり。丹波の黒豆×有機ルイボスティー