丹波篠山の自然の恵み「丹波黒豆」専門問屋

0120-80-1312

9:00-17:00(土日祝除く)

青汁を朝食の時間帯に飲むことで、午前の排泄の時間にピッタリな、便通をよくする効果が期待できます。人間の体は実に神秘的であり、体内には大きく3つの時間のサイクルがあります。体内時計の午前4時から正午までは、人間の体的には排泄の時間です。だから朝食で青汁を飲むことで、空っぽであった胃腸は良い感じに刺激をされて、活発に動きやすくなります。

 

朝食で青汁を飲む時には、冷蔵庫でキンキンに冷やした水とミックスするのではなく、常温の水かもしくは、白湯と一緒に混ぜて飲む方が、体のためには優しいです。冷たい水は胃腸への負担となりますし、冷え性の人の場合は、余計に体の内側から冷やしてしまいます。穏やかなお通じの効果を得るためにも、人肌ほどの白湯でよくかき混ぜて、美味しくいただきましょう。

 

朝から青汁を飲むことで、野菜不足解消の効果も期待ができます。いつ飲んでも構わないドリンクですが、朝はお腹が空っぽであり、そのほうが野菜類の栄養も吸収をしやすくなります。朝食での栄養を考えるとしたら、ミックスをするドリンクにもこだわってもいいでしょう。シンプルな白湯もおすすでですが、一緒にほかの栄養をミックスすることもできます。

 

あまり冷たくないドリンクとのミックスを基本として、ヨーグルトや牛乳と一緒に混ぜると、余計に便秘解消の効果が期待できます。良質なたんぱく質を一緒に摂取したいならば、女性にも嬉し作用を持つ、豆乳とのミックスでも良いでしょう。

  • 毎朝たったのコップ一杯で丹波の黒豆×有機大麦若葉 栄養まるごとおいしい快適生活
  • 黒豆のチカラを毎日の活力に 極限まで引き出す至福の一杯
  • 有名雑誌でも紹介 美と健康をおいしくサポート 女性にうれしいミネラルたっぷり。丹波の黒豆×有機ルイボスティー