丹波篠山の自然の恵み「丹波黒豆」専門問屋

0120-80-1312

9:00-17:00(土日祝除く)

基礎知識

黒豆茶の美味しい入れ方は、熱いお茶と冷たいお茶で変わってきます。熱いお茶で黒豆茶での入れ方は、急須に黒豆茶を大さじ1杯程度を入れて、 沸騰させたお湯を急須に注ぎ入れます。約1分置いて蒸らしてから湯呑みやマグカップに入れて飲みましょう。2杯目は蒸らす時間を少し長くすると風味が出ます。蒸らす時間を調節して、好みの味に調節することができます。冷たくして黒豆茶を飲む入れ方は、熱いお茶と同じように大さじ1杯程度の黒豆茶を急須に入れてお湯を注ぎ、ピ ...
黒豆を原料として使用したお茶のことを黒豆茶と言います。黒豆とは大豆の仲間であり、正式には黒大豆と呼ばれています。日本ではお正月の料理としても古くから用いられていますが、近年ではこの黒豆に含まれる豊富な栄養素と、その効果について注目が集まっています。黒豆には大豆と同じような栄養成分が含まれ、黒い皮に包まれていますが、この黒い部分にはポリフェノールが含まれています。これはポリフェノールの一種であるアントシアニンであり、アントシアニンは黒豆に ...
現在日本では、不眠に悩む人が多いと言われています。その数は約5人に1人の割合でいると言われ、中でも女性の割合が多いです。そんな不眠にルイボスティーがいいと言われていますが、なぜルイボスティーで安眠を得られるのか解説したいと思います。   ・ルイボスティーで体温上昇、リラックス効果 ルイボスティーには、ビタミンB1やビタミンB2、亜鉛、セレンなどが多く含まれ、これらが体内の活動を促進させる効果があります。これにより ...
黒豆を特産品としてアピールしている丹波では、地域ごとに黒豆をモチーフにしたキャラクターが活躍しています。それぞれには際立った個性がありますが、どれも愛らしい雰囲気が魅力的で、地元の人や観光客から親しまれています。   丹波黒豆の主産地の一つになる篠山では、イノシシのお侍をイメージした「まるいの」というキャラクターが活躍しています。お殿様のようなチョンマゲも特徴的なデザインで、誰からも愛されるキャラクターです。まるい ...
丹波の黒豆は、黒大豆の最高級品として知られますが、その中でもごく一時期しか味わえない丹波の黒枝豆は、特にファンが多く、毎年解禁日が待たれています。枝豆は、大豆が成熟する少々前の段階のもので、その収穫時期はたいてい10月下旬の1週間に限られています。丹波の黒豆が開花から熟成を経て、黒大豆になる寸前の状態が黒枝豆で、ひときわおいしいと評判です。解禁日にはイベントがおこなわれ、多くの人でにぎわいます。   丹波の黒豆は、大粒 ...
丹波の紅葉の見頃の時期には、色とりどりの葉を美しく眺めることができます。丹波における紅葉の見頃ですが、それぞれに美しいスポットなどがあります。だからどこで紅葉を楽しみたいのか、それによっても丹波の見頃の時期には少しだけ違いは出てきます。多くは11月に見頃を迎えますが、もう少しはやい10月の半ばから美しい紅葉を眺めることのできるスポットもあります。   九尺ふじでもよく知られているのは白毫寺であり、このでは10月の終 ...
丹波の秋の味覚を知ってもらうためには、最初には黒豆を紹介しなければいけません。丹波で作られる黒豆は品種が優秀なだけでなく、寒暖差のある気候も影響して風味が抜群の逸品となります。秋の味覚としての黒豆は、未熟な状態で食べる黒枝豆も代表的となっています。茹でた黒枝豆は最初には香ばしい風味が感じられ、実際に食べれば豊かなコクも実感できます。収穫したばかりの黒枝豆は秋の時期にしか味わえないものですから、丹波に訪れたときには食してみてはいかがでしょ ...
黒豆は、日本人にとって大切な食品の一つです。おせち料理に欠かせない黒豆の中でも、最高級品と呼ばれているのが丹波の黒豆です。丹波の黒豆は、江戸時代には将軍に献上されていたほどのもので、現在でも多くの日本人に愛されています。   黒豆は、栄養価も高く、女性に嬉しい様々な成分が含まれています。良質のタンパク質やビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なので、ダイエットにも利用されることが多いです。黒大豆のサポニンは、糖質が脂肪 ...
  • 毎朝たったのコップ一杯で丹波の黒豆×有機大麦若葉 栄養まるごとおいしい快適生活
  • 黒豆のチカラを毎日の活力に 極限まで引き出す至福の一杯
  • 有名雑誌でも紹介 美と健康をおいしくサポート 女性にうれしいミネラルたっぷり。丹波の黒豆×有機ルイボスティー