丹波篠山の自然の恵み「丹波黒豆」専門問屋

0120-80-1312

9:00-17:00(土日祝除く)

レシピ

黒豆を煮るのは難しいと一般的に言われています。失敗すると黒豆の表面にしわが寄ってしまったり、黒色に艶がなかったり、色抜けしたり、また固く仕上がったりするものです。そのため、お正月のおせちは自分で作るような家庭でも、黒豆だけは専門店から購入するといった人も少なくありません。   また黒豆を上手く煮ることができる人は料理上手だと判断される傾向は、今も昔もあります。上手に煮るために、錆びた釘と重曹を使うとよいとされていま ...
黒豆を煮る方法には黒豆特有の香りを残してしっかりとした味に煮て、確かな歯ごたえがあるように仕上げる方法と、黒豆をふっくらと、ひたすら柔らかく煮る方法があります。ここではふっくらと柔らかく煮る方法を説明します。   柔らかく煮る方法は、豆の強いアクを十分に除くための煮こぼしと、甘味を付ける時の方法にポイントがあります。豆は洗って厚手の鍋に入れます。豆の3~4倍の量の水とさらにアク抜きのための木灰を加えて8時間以上置い ...
おせち料理でお馴染みの黒豆を煮るときには、錆びた鉄製の釘を鍋に入れて一緒に煮込むのが定番となっています。黒光りする黒豆特有の艶やかさをだすためには、錆びた釘が必要だからです。ところが、錆の付いた釘と食べ物である黒豆を一緒に煮込むことに、健康面で不安を感じる人が少なからずいます。錆が体内に吸収されて、何らかの害があるのではと不安に思うのも、もっともな話です。しかし、錆びた釘と一緒に煮た黒豆を食べても、人体に悪影響を及ぼすことはありません。 ...
黒豆茶を飲んだ後に残る出がらしには、まだまだ多くの栄養が残されていますから、捨ててしまうようではもったいないことです。アイデア料理の素材として再活用することで、黒豆茶の美味しい部分を余すことなく吸収すれば、健康にとっても嬉しい結果になります。   出がらしの状態では、豆の部分は十分に柔らかい状態になっていることから、最初から長時間にわたって煮込む必要はありません。フライパンにオリーブオイルを入れて、出がらしを香ばし ...
  • 毎朝たったのコップ一杯で丹波の黒豆×有機大麦若葉 栄養まるごとおいしい快適生活
  • 黒豆のチカラを毎日の活力に 極限まで引き出す至福の一杯
  • 有名雑誌でも紹介 美と健康をおいしくサポート 女性にうれしいミネラルたっぷり。丹波の黒豆×有機ルイボスティー